方法について

自分でやるということは素晴らしいことでもちろん失敗もあるでしょうが、それを含めて良い経験となることは間違いありません。木材をノコギリで切断したり、接着剤や釘、ビスなどで固定したり、とにかく何でもやってしまうというのがDIYです。昔ながらの言い方だと日曜大工といいますが、DIYというと何だか格好良い感じになります。 DIYを行う上での注意点としては道具を使用する際によくある怪我です。金槌で指を打ったりしないように気をつける意識が必要です。また電動ドリル、電動ノコギリなどを使用する時には作業場で行い、安全性を確保した上で気をつけて作業しましょう。

DIYは単なる工作から暮らしに必要な家具や棚の製作まで幅広く、技術面でも素人から上級者までいろいろです。組み立てたものや出来上がったものに色を塗ったり飾りをつけたりするのもDIYですが、作ったものをただ使うだけではなく自分の作品として残しておきたいという方も多くいるはずです。 製作に掛かった時間、構想を練った時間、製作における工程、失敗や成功など多くの経験が養われているはずです。こうした経験はしっかりと書きとめたりすることで今後の作業に生かすことが出来るのです。ノートに取るもよし、パソコンのメモ帳につけておくのもよしです。エクセルやパワーポイント、ワードといったソフトを使いこなせると分析する時にも大いに役立てることが出来るでしょう。